今だから言える本音。産後ザワザワ症状でSNSから存在を消そうとした”SNS疲れ”から学んだこと。

昨今話題になっている

# SNS疲れ #SNS離れ

 

2015年、SNS特にFaceBookに恩恵を預かっていた私は、

大いにそれなしでは得られなかった仕事や人脈を手にしてきました。

よくそんなことを言うけれど、私にはそんなことは一切関係なく、

”誰かと比べているからザワつくだけ。比べてメソメソするなんてまだ暇なんだよ。”

 

かつてのクライアントにも偉そうにそんなことを言っていた。

今だから言えるのだけれど

そんな私だったが、”出産”というものの前後、特に産後直後。

初めて”絶望的なざわざわが止まらない!”と言う経験をしました。

・すごい活躍していて(そうみえる)すごいな

・なんだかあの人最近めっちゃ輝いて(そうみえる)すごいな

・うわ〜何だかどんどんすごい世界に行っちゃうな〜〜

それに比べて私は、毎日赤ちゃんのお世話で1日が終わる。

発信するネタもないし。

顔も体もむくんで写真なんて載せられないし。

でも、今までせっかく育てたSNSの更新止めたら、一気に見られなくなるだろうな。

このまま、存在しない人になっちゃうのかなぁ。

 

もうね、このループなのです。

 

貧血だし、寝不足だし、おまた痛くてまともに歩けないし、初めての子でてんやわんやだし、

人生最大の体調絶不調の中

今までものすごい恩恵を受けた媒体が”敵”と化し一人で戦っていました。

 

対処的なことは一通りしたのですよ。

FBのアプリは消す、とか。

メルマガのメアドは変更する、とか。

携帯はダラダラ見ない、とか。

 

そんなことを経たからこそ、言えること。

もし同じように悩んでいる方がいたら

ぜひこの先を読んで頂けると嬉しいです。

 

私は、”人生の質は『体験』と『感情』である”と思っています。

だからこの”産後ざわざわ事件”という体験と感情は

私の質を確実にあげたと思うのですね。

神様からのプレゼントだった。

 

自分にとって、”ネガティブな体験”が起こった時、

これを”プレゼント”だと受け取り。

それさえにも感謝してしまうと。

結構その悩みは何でもないことに気づくと思います。

 

そしてもう一つ。

 

この”ネガティブな体験”は主観であって、同じ事象でも誰かにとっては別にネガティブでないことかもしれない。

ではなぜ、自分はネガティブな思考に陥るかというと

もう完全に、身体の調子がベストではないからですよね

ストレスを溜めていたり、交感神経が優位だったり、女性だったら身体が冷えていたり(平熱が37度近くない)、食生活により細胞が錆びていたり、寝不足だったり、筋肉が硬直していたり、

これらの原因によってベストでない状態だと、

思考も感情もカラダと連動しているので、うまく起動しないわけです。

 

なので、色々マインドセット的なことはあちこちで情報がありますし、

まず自分を見つめようとか、

自己受容、自己愛だとか、

言いますが、

一番簡単で揺るがないのは、日々カラダのコンディションをベストにしておくこと。

もし万一、不調になっても、

今不調だから、しょうがないしょうがない、ホルモン様には勝てないわ!とあれこれ考えずにさらっと笑って流すこと。

 

やはり極めるとそうなるのですよね。

 

これから、その具体的な方法をどんどん発信していこうと思います。

 

ザッカーバーグに手のひらで泳がされるのではなく

あなたがザックを泳がさなきゃ♡

 

~ News ~

竹内奈穂への仕事依頼や問い合わせはこちら 

【サロン 公式HP】

アフロディテ https://aphrodite.jp

(現在メンテナンス中です、しばらくお待ちくださいませ。)

【竹内奈穂 公式ページ】

Blog http://nahotakeuchi.com/?page_id=5

FBページ https://www.facebook.com/nahotkuc54

INSTAGRAM https://www.instagram.com/nahotake33

【一般社団法人こころりんく】

公式HP https://cocoro-link.com

公式webメディア ママリンク https://mamalink.cocoro-link.com

ママリンク 公式インスタグラム https://www.instagram.com/mama_linkcl

こころりんくYouTube https://www.youtube.com/channel/UCX_qAgPYKwyeOVgxo7n4oSw/

Related Entry

大阪で震度6の地震。当事者になっての反省文と大阪の災害時使え...

自分の正義を振りかざさない事。人にはそれぞれステージがあるん...

竹内的!”自己受容”の先にある”与える”の意味。〜”誰かのた...

”小林照子著・これはしない、あれはする”